Flower of Spirit - Drawing

Michiko's artworks inspired by nature and spirit.
花岡道子の自然からインスピレーションをもらって自由に描いた絵と、
spiritである愛からもらったうたやメッセージ。
絵は、すべて即興。下描き無しのドローイング。

海の部屋、山の部屋

ハワイ1stの絵

ハワイでは何件ものコンドを引っ越ししてまわりました。
どこも上層階だったので、素晴らしい景色を毎日楽しみました。

Waikikiの海が広がる、まぶしい部屋は、
緑の帆のヨットが浮かんでいる夕方の景色が素敵。
海も公園の緑も眼下、という部屋では、鳥の声で目覚めたし、
ラナイにも鳥が遊びに来たよ。

ダイアモンドヘッドが鎮座する窓のあるキッチン。
寝室もダイアモンドヘッド側で、すばらしいenergyに溢れていて、
何て言うか、エネルギー強くて昼寝しちゃう感じ。
はへーっていう感じでした。

アラワイ運河と、山並みをのぞむ風吹き抜けるリビング。
雲の色、山の色が刻々と変わるの。

どこもよかったなあ〜。
そしてどの部屋も虹がよく見えた。
本当に、素敵な部屋ばかりをみつけてくれた彼に感謝。。

そして、今、私は東京でウキウキ:)
今度の住まいは、とうとうあこがれの一軒家(のようなアパート)、庭付きです。
ヤァッホオオオオーーー!!!!!
私たちは2階で、1階には静かなお年寄りのカップルが住んでいるそうです。

そして何より楽しみなのは、お庭にマンゴーの木がはえているらしいのです!
うれしいなうれしいな
オーナーに私の絵を見せたら、気に入ってくれて、
庭の緑がよいインスピレーションになればいいわね、
と、言ってくださったそうです。

窓からは木々の匂いがして、
キッチンからは遠く海が見えるそうな。ah~~...



この絵は、去年鳥が来てくれた海と緑の部屋で、遊びで描いたもの。

今日はハートopenのwsで、ずっとチャネル状態だったので、
夜はのんびり、つれづれなるままに、嬉しい気持ちを書きました。




photo by hanaspirit - -
0

    ハートを感じる



    この地球で今、何ができるかって、やっぱり、
    ハートを開いて響かせて行くっきゃないでしょ。

    自分のいちばん喜びに感じることをするでしょ。
    怖れからではなく、
    ああ、いいなあ〜と心から思うことを選ぶでしょ。

    よりどころはハートです。
    ハートチャクラがぐんと開いていけば、そこがよくわかります。

    誰かのコントロールでもなく、
    様々な情報に混乱することなく、
    自分のしたいことが、スピリットからの喜びの中でチョイスできる。
    できていると信頼できる。
    それがわかるのは、ハートだと私は思います。

    リラックスして、
    ハートチャクラを開き、
    自分の本当のエナジーの源で暖かく迎え入れられる感覚。
    これをすべての人に味わってほしい。
    そして、溢れるほどに与えられるスピリットの愛を受けとってほしい。


    ハートチャクラを感じて開くためのワークショップを不定期に開いています。
    現在は、”自分にほほえむ”というテーマで行っています。

    1月は渋谷シークレットロータスにて。
    1月7日(土)11:00〜12:00 /終了
    1月21(土)16:30〜17:30 /参加費3,000円
    1月28(土)11:30〜12:30 /参加費3,000円
    ご予約・お問い合わせ先:secret8lotus♡gmail.comまで
    (アドレスの♡を@に変えて入力してください。)
    http://www.yokomori-rika.com/secretlotus/archives/1223

    photo by hanaspirit - -
    0

      I'm floating and listening...

      floating snd listening
      photo by hanaspirit - -
      0

        I'm floating..

        floating and holding
        photo by hanaspirit - -
        0
          << 3 / 3
          Starlight now..
          Mail to Michiko
          イラストのご依頼は、下記アドレスにお願いいたします。 miracleblueraintree@gmail.com

          このページの先頭へ